第五関門です。がんばりましょう。
防腐剤です。すべての化粧品に配合の制限があります。
日本では、ここに記載された防腐剤しか使えませんので、注意が必要です。
防腐剤は、このページだけではなく、次のページもあります。
  化粧品として、下記と次ページの成分以外の防腐剤はダメです。かつ制限があります
   制限以下なら,  はいを、
    クリアーできなかったら、 いいえをクリックして下さい。

別表3-1/2(すべての化粧品対象) ポジティブリスト positive list
成分 100g中の最大配合量until/100g
①安息香酸 0.2g
系統名はベンゼンカルボン酸である。
いわれは、ツツジ目エゴノキ科のStyrax benzoin又はその他同属植物が産出する樹脂を安息香(ベンゾイン)といい、東南アジアで産出される。香料として用いられる樹脂の一種であり、この中に安息香酸のエステル(アルコールエキス)が多いことからこの名がとられた。
芳香族化合物でカルボン酸の一種。ベンゼンの水素原子1個がカルボキシル基に置換された構造を持つ。酸性 (pKa = 4.2)。抗菌作用がある。香料、pH調整剤、防腐剤
として使用される。
Benzoic acid  C7H6O2  CAS:[ 65-85-0 ] Until0.2g/100g
苯甲酸,又稱安息香酸苄酸
苯環上的一個氫被羧基(COOH)取代。苯甲酸一般常作為藥物或防腐劑使用,有抑制真菌、細菌、黴菌生長的作用,藥用時通常塗在皮膚上,用以治療癬類的皮膚疾病。用於合成纖維、樹脂、塗料、橡膠、煙草工業。
②安息香酸塩類 合計量として1.0g
安息香酸のナトリウム塩でありので、水溶性のナトリウム塩、防腐剤、香料
安息香酸はアルキル側鎖を1つ持つ芳香族(たとえば、トルエンやエチルベンゼン、クメンなど)を酸化することで得られる。この反応ではベンゼン環に隣接する水素-炭素間の結合が攻撃される。ベンジル位に C−H 結合がない場合はベンゼン環が酸化される。 また、ベンズアルデヒド (C6H5CHO) の酸化によって得ることも出来る。抗菌作用があるので、水溶性のナトリウム塩、安息香酸ナトリウムなどは飲料等の保存料として使用されている。
INCI SODIUM BENZOATE    C7H5NaO2  CAS:[ 532-32-1 ] or ALUMINUM BENZOATE this category total1.0g/100g
苯甲酸塩类
③塩酸アルキルジアミンエチルグリシン 0.20g
アルキル(C12-14)ジアミノエチルグリシンHClのことです。手術用具の消毒に使用される。0.05~0.02%で創傷部位に塗布。帯黄色の粘性な液でわずかに特異なにおいがあります。副作用は発疹,そう痒感でありそうなれば中止とする。一般細菌(結核菌を含む),緑膿菌,真菌に有効.芽胞,肝炎ウイルスには無効. 石鹸で殺菌力が減弱、両性石鹸(塩酸アルキルジアミンエチルグリシン、グルコン酸クロルヘキシジン、塩化ベンザルコニウム、塩化ベンゼトニウム) .の部類です。
C12-14 ALKYL DIAMINOETHYLGLYCINE HCL(INCI)
Alkyldiaminoethylglycine HCl  [RNH2CH2CH2NHCH2CH2NHCH2CO2H]HCl
below0.2g/100g
中:製作中
④感光素 合計量として0.0020
感光素101号全ての化粧品に対して、感光素101号、クオタニウム-73、クオタニウム-51、クオタニウム-45などの感光素類の合計量は100g中に0.0020gまで。殺菌剤 改正名称はプラトニン 複素環式化合物である。感光素は他にもあるが割愛した。
INCI PLATONIN  CAS:[3571-88-8]    C38H61I2N3S3 
or QUATERNIUM45.51.73 
中:製作中
⑤クロルクレゾール 0.5g以下/100g
クロロクレゾールともいう。
本品は、メタクレゾールの誘導体である。防腐剤、殺菌剤 体系名は、3‐メチル‐4‐クロロフェノール、6‐クロロ‐3‐ヒドロキシトルエン、 4‐クロロ‐3‐メチルフェノール、 4‐クロロ‐m‐クレゾールで3つある。慣用名は、 クロロクレゾール、パラクロロメタクレゾール、  ペリトナン、 パロール、 パルメトール、 オッタファクト、カンダセプチック、 バクトラン、 バクトール、 アプタール、 ラシットK、 ラシット、 プレベントールCMK、
中;製作中
⑥クロロブタノール 0.10g
ハロゲン化アルコールである。防腐剤  無機ハロゲンもあるがここでは有機ハロゲン。一般に有機ハロゲン化合物は有機化合物の C?H 構造に対して、ハロゲン分子をラジカル置換反応により導入するか、不飽和化合物に対して付加反応させることで合成される(直接ハロゲン化)。また、カルボン酸誘導体や適当な脱離基に対して適当な無機ハロゲン化合物を作用させる求核置換反応によっても合成される。
INCI CHLOROBUTANOL   CAS:[ 57-15-8 ]   C4H7Cl3O Until0.1g/100g
中;製作中
⑦サルチル酸 0.20g
サルチル酸とは、芳香族カルボン酸。(β-ヒドロキシ酸)。旧表示指定成分。ピーリング作用(古い角質を剥離する)や殺菌作用があり、防腐剤や角質柔軟剤、変性剤、抗アクネ剤、抗フケ剤などとして配合されます。安息香酸のカルボキシル基に対してオルト位の水素原子がヒドロキシル基に置換されると、サリチル酸となる。筋肉疲労のマッサージクリームや液体ものの中には必ずと言って良いほど含有している。もちろんこれらは
医薬品である。化粧品なのに筋肉疲労軽減はその化粧品の範囲を大幅に超えています。
Salicylic Acid  INCI SALICYLIC ACID   CAS:[ S69-72-7 ]  C7H6O3 Until0.2g/100g
中: 製作中
⑧サルチル酸塩類 計量として1.0g
ルチル酸Naとは、サリチル酸のナトリウム塩である。旧表示指定成分。殺菌作用や角質溶解作用があり、防腐剤や変性剤として配合される。
Sodium salicylate INCI SODIUM SALICYLATE  CAS:[ 54-21-7 ]
中: 製作中
⑨ソルビン酸及びその塩類(ソルビン酸、ソルビン酸K) 合計量として0.50g

保存料として使用される不飽和脂肪酸であり、IUPAC名は2,4-ヘキサジエン酸(2,4-hexadienoic acid) である。
かまぼこやソーセージなど食用練り製品などに対しては遊離酸として、ケチャップ、スープ、果実酒、乳酸菌飲料にはK塩として使用される。

工業的にはクロトンアルデヒドとケテンを反応させてソルビン酸を得ている。ソルビタン、ソルビトールは、油であってそれと違います。

Sorbic acid CAS:[ 110-44-1 ] C6H8O2
中: 製作中
⑩デヒドロ酢酸及びその塩類 合計量として0.50g
環状ケトンである。歯磨き剤(抗酵素作用)。殺菌剤(カビ、細菌)。殆どの外国で禁止されているが日本はOK。   アイシャドウ、マスカラ、チークの原料が多い。/デヒドロ酢酸Na、デヒドロ酢酸)のナトリウム塩であり防腐剤である。
INCI:DEHYDROACETIC ACID  CAS登録 520-45-6 771-03-9 16807-48-0 / INCI;SODIUM DEHYDROACETATE 
CAS;[ 4418-26-2 ]  C8H7NaO4
this category total0.5g/100g
中: 製作中
⑪トリクロロヒドロオキシジフェニルエーテル(別名トリクロサン) 0.10g
解説
芳香族エーテル誘導体である。消臭剤、防腐剤、殺菌剤として使用される。ビスフェノール構造をもつ殺菌消毒剤、防腐防黴剤。消毒用石鹸(ミュー○は有名)、ローション、歯磨き粉、制汗剤など、いろいろな製品に使われている抗菌剤である。ENR(エノイール-アシル運搬蛋白還元酵素)という酵素の働きを阻害する。この酵素は多くのバクテリアと菌類が細胞膜を作る際に働く。この物質はENRの活性部位に結合してより、ごく微量であっても強力な抗生を示す。しかしヒトはこの酵素を持たないため、ヒトに対する害はない。化粧品、衣類、家具、あるいはプラスチック玩具など、様々なものに使われている。詳細は、細胞壁を破壊することにより殺菌作用し、一般細菌に対する殺菌力に加えて、ブドウ球菌などグラム陽性菌に対する静菌力において優れた効力を持つ抗菌成分である。手指などの皮膚に適用した場合、良好な持続効果や累積効果を発揮する。日本においては0.3%含有製剤が薬用石けん(医薬部外品)として手指・皮膚の消毒に使用。グラム陽性菌、グラム陰性菌に有効である。グラム陰性菌に対するよりもグラム陽性菌に対する効力のほうが強い。真菌に対する効果は弱いと考えられる。
Triclosan   CAS:[ 3380-34-5 ] C12H7Cl3O2  
三氯生
三氯生,又名三氯新、三氯沙,化學名為2,4,4'-三氯-2羥基-二苯醚,它是一種廣譜抗菌藥劑,被廣泛應用於肥皂、牙膏等日用化學品之中。三氯生是外用高效抗菌消毒劑,它可以殺滅金黃色葡萄球菌、大腸桿菌等細菌及白色念珠菌等真菌,三氯生同時對病毒(如乙性肝炎病毒等)也有抑止作用。三氯生的殺菌機理是先吸附於細菌細胞壁,進而穿透細胞壁,與細胞質中的脂質、蛋白質反應,導致蛋白質變性,進而殺死細菌。由於三氯生廣譜高效,所以被作為日用化學品添加劑廣泛使用。通常可以在有殺菌功效的香皂、牙膏、漱口水、洗手液、沐浴露、洗髮水、洗面奶、化妝水、剃鬚膏、除腋臭噴霧、傷口消毒噴霧、洗衣液、醫療器械消毒劑、空氣清新劑等產品的成分表中找到它。在這些日用化學品中,它的成分不得超過0.3%。在一些藥用漱口水中,三氯生的含量可能會更高,這是為了殺滅白色念珠菌,治療牙齦炎或口腔潰瘍。三氯生還被用作塑料添加劑來製造抗菌垃圾袋等產品。目前已有50余個國家批准在日用化學品中使用三氯生,直接產品有近千種,而且產品種類還在不斷增加。在美國,三氯生的添加受美國食品及藥物管理局管理,而在歐盟也有相對應的監管措施。2,4,4'-三氯-2羥基-二苯醚
this category total0.1g/100g
⑫パラオキシ安息香酸エステル及びそのナトリウム塩 合計量として1.0g
簡単にいうとパラベンのことと解される。、安息香酸エステルのパラ位にフェノール性ヒドロキシ基を持つ有機化合物群の呼び名である。 食品・医薬品あるいは化粧品の防腐剤成分名として掲示する場合に、その類をパラベンという。静菌作用を示す。フェノール部分は塩を形成するためナトリウム塩などの形で使用される場合もある。広範囲に渡ってシャンプーから化粧水まで使用されていて処方しやすい防腐剤である。
安息香酸よりも緩いので少量の化粧品を作成する場合は、配合の多少のブレでも安全な範囲を確保しやすい。
メチルパラベン methyl 4-hydroxybenzoate エチルパラベン ethyl 4-hydroxybenzoate
プロピルパラベン propyl 4-hydroxybenzoate イソプロピルパラベン isopropyl 4-hydroxybenzoate
ブチルパラベン butyl 4-hydroxybenzoate イソブチルパラベン isobutyl 4-hydroxybenzoate
ベンジルパラベン benzyl 4-hydroxybenzoate等あり、またそのNaもある。メチルとプロは製品が多い。
メチルパラベンNa エチルパラベン Na プロピルパラベンNa イソプロピルパラベンNa 
ブチルパラベンNa イソブチルパラベンNa ベンジルパラベンNa  
7kinds of Hydroxybenzoate
INCI:
METHYLPARABEN  SODIUM METHYLPARABEN 
ETHYLPARABEN      SODIUMETHYLPARABEN
PROPYLPARABEN,     SODIUM PROPYLPARABEN,
ISOPROPYLPARABEN,   SODIUM ISOPROPYLPARABEN,

BUTYLPARABEN      SODIUM BUTYLPARABEN
ISOBUTYLPARABEN    SODIUM ISOBUTYLPARABEN
BENZYLPARABEN      SODIUM BENZYLPARABEN
this category total 1.0g/100g
中: 安息香酸類
⑬フェノキシエタノール 1.0g
芳香族エーテルアルコールで防腐剤、香料として2000以上の製品に使用されている。最近ではチューブ容器の物は、配合されることが少なくなったと感じますが、チューブでカビが生える可能性が低いと考えるのでしょう。しかし、依然として処方されているものが多いのも事実です。 主にカビ抑制であり、釜型の容器の化粧品は空気に直接さらされるので、必ずと言っていいほど配合されています。
チューブのBBクリームのような化粧品では、空気にさらされないのでパラベンを使用しないでこの成分を使用するケースが多い。
INCI:PHENOXYETHANOL    CAS登録:[ 122-99-6 ]  C8H10O2 Until 1g/100g
酚醛乙醇
⑭フェノール 0.10g
ベンゼンから作られる。ここでは芳香族のことでなく流れから石炭酸と解する。別名ヒドロキシベンゼン。希薄水溶液は消毒用に使われる。高濃度の溶液は、毒性で皮膚を侵す。皮膚に付着した場合、火傷のようにただれるので、即座に洗い流す。フェノールの作り方は3種ありクロロ化、スルホン化、アルキル化する方法がある。尚この原料に類似する原料としては、フェニルフェノール フェニルフェノールNa フェノールスルホン酸Na フェノールスルホン酸亜鉛  ベンゾトリアゾリルブチルフェノールスルホン酸Na メチレンビスベンゾトリアゾリルテトラメチルブチルフェノール等あるもあまり日本では使用されていないのが現実かゆみ止め、外皮作用薬、痔疾薬、農業殺菌剤に使用されている。
Phenol , Carbolic Acid  4-Hydroxybenzen  INCI:PHENOL   CAS:[ 108-95-2 ]  C6H6O Until 0.1g/100g
酚醛
⑮ラウリルジアミノエチルグリシンナトリウム 0.030g
ラウリルアルコールとジアミノエチルグリシンのエステルのナトリウム塩である。殺菌剤、消臭剤で塩酸アルキルジアミノエチルグリシンともいう。
1.ラウリルアルコールは無色固体。無色透明液体または白色りん片状晶である。花のような香りがして脂肪臭がする。体系名はドデカン‐1‐オール、1‐ドデカノールであり、慣用名は、たくさんあり ラウリルアルコール、 ドデシルアルコール、 カカロットL‐50、 アルコールC‐12、 エパル12、 ラウリル24、 ラウリックアルコール、 アルホール12、 カカロットL‐90、 ロロール、 シポールL‐12、 ロロール11、5、 n‐ドデシルアルコール、 n‐ドデカノールである。
2.アミノエチルグリシンナトリウムは、炭素数12~14のアルキル基を有するジアミノエチルグリシンの塩酸塩である。アルキル(C12-14)ジアミノエチルグリシンHClであり数種ある。乳化剤、洗浄剤.。.グリシンナトリウムは、類があり
体系名はN‐(2‐アミノエチル)グリシンナトリウム、(2‐アミノエチルアミノ)酢酸ナトリウム  C4H9N2NaO2
CAS:[ 35404-68-3 ]
 グリシンナトリウムはアミノ酢酸ナトリウムのことででC2H4NNaO2
Alkyldiaminoethylglycine hydrochloride    INCI:SODIUM LAURYL DIETHYLENEDIAMINOGLYCINATE   CAS:UNKNOWN
Lauryl alcohol’s Usualy name : 1‐Dodecanol、 Dodecyl alcohol、 n‐Lauryl alchol、 Lorol 5    Lorol   Lorol 7
Lorol 11、  Sipol L‐12、 MA‐1214、 Lauric alcohol、 Alfol 12、 Epal 12。 CO‐1214S、 Lauryl 24、 Dytol J‐68
CO‐1214N、 CO‐1214、 Laurinic alcohol、 CO‐12、 Cachalot L‐90、 Alcohol C‐12、 Cachalot L‐50
n‐Dodecyl alcohol、 n‐Dodecanol  CAS:[112-53-8]
N‐(2‐Aminoethyl)glycine sodium salt  (2‐Aminoethylamino)acetic acid sodium salt  CAS:[ 35404-68-3 ]
Until 0.03g/100g
中: 製作中  
⑯レゾルシン 0.10g
防腐剤の一種。香料、変性剤で芳香族化合物であるもあまり聞きなれません。レゾルシノール (resorcinol) という。
ポリフェノールに分類されることもあります。有機化合物の一種。ベンゼン環のメタ位に 2個のヒドロキシ基を有する構造を持ち、カテコール、ヒドロキノンの位置異性体にあたります。水によく溶ける。無色の固体でありますが、光や酸素により徐々に酸化を受けピンク色を呈します。保管には注意が必要であります。総需要の半分以上がタイヤの強化材であるタイヤコードの接着剤の原料である。続いて木材用接着材原料、樹脂用難燃剤原料、樹脂用紫外線吸収剤原料が続く。他に数量は大きくないが次の様な用途もあります。レゾルシノールは還元力が強く、殺菌剤としての利用価値が高いのです。また、無水フタル酸との酸触媒反応によってフルオレセイン(ガレイン)を生成するので蛍光染料の原料としても重要。まあ化粧品の防腐剤としては、あまりお目にかからないのが普通です。
INCI:RESORCINOL  CAS:[ 108-46-3 ]  C3H3O Until 0.1g/100g
中: 製作中
2008/4/2改訂
2009/1/5フェノキシエタノール解説加筆
はい    いいえ    BACK
              成分調整かあきらめるしかないです。