室内水耕栽培プラント導入 
   1年で元が取れるような採算性は以下の開発理由にあります。
   ○低温栽培による莫大な燃料費削減・・・この経済効果が最大のお得感
   ○農業の工業化 室内生産の向上で成長速度200%による収穫のUP
   ○成長過剰によるよるジャンボ野菜のブランド化
   ○静菌作用・無菌栽培による衛生的生産物の提供
   ●植木鉢方式の販売で家庭のテーブルでも生育でき、とれたて野菜という作品の販売(ライブレタス)
水耕栽培のテストはまだ行っていませんので、上記の事項は目標となります。しかし、そう遠くはない目標でしょう。
 レタス実験公開  クライアントの都合で、突然打ち切りになる場合があります。
2015/7/4     LED点灯時間自動調節機能
水タンクに空気を送るポンプ

上 ノーマル

中 ライザブ原料(粉)

下 ライザブ原料(粉)+ライザブマット+水槽に0.02gのライザブ粉       

ライザブマットは、
普段販売しているミニマットを大きくしたものです
 ライザブ原料を入れて種を撒いた。
  レタスは大きくなるので全部の穴を使わないので、不要な穴はキャップでふさぎます。 
2015/7/4  三段目のマット
2015/7/4  二日前の種の発芽実験

緑の丸は種のコーティング剤
その上の種子島みたいなものが種で
根が生えています。
この種は、もったいないが、使用しません。
2015/7/4 ライトをつけるとこんな感じになります。
通常では三週間で収穫ですが
実験が楽しみです。
ライザブ粉は土ならば3倍で9倍の量の成長を確認できていますが、水耕栽培はなんせ初めてなので
こつとかの技術はこれからです。
2015/7/5 どれも変化なしなので写真はありません。明日に期待
2015/7/7 意に反して一番成長が良い
写真では確認しずらいですが芽が出てきました
成長促進剤の粉が乾燥を発芽を阻害していた。
ちゃんと濡れている場所は発芽している。
次回種まきの時はピボットを使って上から無理矢理給水し
スポンジの割れ目に種をセットすることにすることにした。
このまま試験継続とした。
写真では確認しずらい
同上
2015/7/8   準備中      
2015/7/9  準備中
2015/7/10  準備中
2015/7/11  準備中
2015/7/12  準備中
2015/7/13  準備中
2015/7/ 14  準備中      
2015/7/ 15  準備中      
 2015/7/16   無処理の方はのびてきたが、
ライザブやマットの方はいまいちです。
でも茎の太さに違いが見えてきた感じ。
ライザブは少し太く見えるが
観察を継続とします。
20150911UP
2015/7/17  準備中 忙しくなって時間がないです。      
2015/7/18  準備中      
2015/7/19  準備中      
2015/7/20  準備中      
2015/7/21  準備中      
2015/7/22  無処理    どれもどっこいどっこい
 ライザブ
 ライザブ+マット
2015/7/23  準備中
 2015/7/24  準備中      
 2015/7/25  準備中      
 2015/7/26  準備中      
 2015/7/27  無処理  すっごいでしょ
シートのものは
明らかに茎が太いし
葉もしっかりして
大きいです。
天井に到達してしまった。
ここらへんで実験成功の
確信が持てました。
ライザブ
ライザブ+マット
 2015/7/28  準備中     
 2015/7/29  準備中     
 2015/7/30  準備中     
2015/8/ 1  あまりにも差がつきすぎてしまいお見せできません      
2015/8/2  準備中      
2015/8/ 3  準備中      
2015/8/ 4  準備中      
2015/8/ 5  準備中      
  イオン実験開始     
連絡先
東京都江東区大島二丁目17番2号TEL03-3681-3497FAX03-3846-4748
株式会社クリスホールディングス
furu@chrishd.co..jp    へメールしてください。
書式は自由ですが、御社名・ご担当・電話番号・現在の簡単な状況などの必要な情報をご記載ください。 
単なる自由研究目的のお問い合わせはご遠慮ください。無駄です。